スポンサードリンク

マツダ

なぜディーゼル車が人気が高いのか?ディーゼル車が持つメリットとデメリットは?

投稿日:

関連画像

引用 レスポンス

車はガソリンを使用して走るためのエネルギーを取り出していますが、ガソリンといっても(レギュラーガソリン)(ハイオク)(軽油)がガソリンスタンドには販売されていますよね。

多くの車はレギュラーガソリンやハイオクに対応している車が多いと思いますが、中にはディーゼルエンジンを積んで軽油で走るディーゼル車が存在します。

avatar

みっこー

大体の車はレギュラーガソリンに対応しているから、軽油に全く縁がない人はあんまり意識したことがないよね。でも最近はディーゼル車が注目されているんだよ。

最近ではマツダのスカイアクティブDやBMWがクリーンディーゼルエンジンを搭載した車が販売されているので、環境問題をクリアしたディーゼル車が販売されています。

以前まで環境に悪い、乗り心地が悪いと不評にあったディーゼルエンジンですが、環境問題をクリアしたことによって大きな人気を得ているのです。

現在はハイブリットカーの方がメジャーだと思いますが、クリーンディーゼルも負けてはいません!

なぜディーゼル車は人気が高くなってきているのかを見ていきましょう!

スポンサードサーチ

ディーゼル車とはどんな車?

関連画像

ディーゼル車とはディーゼル機関をエンジンに採用した車のことです。エンジンは軽油を使用して、ガソリンエンジンと比べるとエンジンには電気で着火する必要がないためプラグがなく、熱エネルギー効率が高いので燃費を低くすることが可能です。

さらにディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比べるとエネルギーを得るため燃料を燃焼するときの空気圧の圧縮率が大きいのでエンジン内部に大きな負荷がかかり、それを安全に燃焼させるためエンジンのパーツ一つ一つがガソリン車よりも頑丈に作られています。

つまりディーゼルエンジン自体の耐久性が高いことになります。

ディーゼルエンジンは普通のガソリンエンジンと比べると頑丈で壊れにくいってことだね。昔のSUV車が現在でも多く走っているのはエンジンの耐久性が高いっていう理由もあるんだろうね。

avatar

たまき

もちろん頑丈だからといってディーゼルエンジが壊れないということはありませんが、頑丈な分衝撃や消耗に強いので戦車や軍用車、トラックにバスなど耐久性が求められる車に採用されているエンジンにはディーゼルエンジンが多いです。

「デミオ」の画像検索結果

日本では主にマツダが環境に優しい(スカイアクティブDエンジン)を開発していて、主力車種のデミオやCX-5などに搭載しています。デミオではコンパクトカーの軽量ボディとディーゼルエンジンのトルクと低燃費を組み合わせた結果、実燃費でも20~30㎞/hを記録するほどの燃費の良さを誇ります。

「80ランクル」の画像検索結果

マツダ以外ではトヨタからランドクルーザーが発売されていて、ランドクルーザーでは大型の重いボディーのせいで燃費はよくはありませんが、ディーゼルエンジンのトルクの強さと頑丈さを生かして、悪路の走破能力や過酷な環境下での耐久性から世界からとても高い評価を受けています。

発展途上国の舗装されていない凸凹な泥道を走りぬく姿や50℃を超える砂漠の暑さでも故障知らずで走っていたなんていう逸話も残っているくらいです。

avatar

みっこー

ランクルはアクセルべた踏みすると目に見えて燃料計がみるみる減っていくレベルらしい、、、実際にランクルの燃費は平均で10㎞/h以下だからディーゼルだからって燃費がいいわけではないよ。

スポンサードサーチ

ディーゼルエンジンのメリット

ガソリン代が安くて、燃費がいい!

「軽油 車」の画像検索結果

引用 WEB CARTOP

ディーゼルエンジンは燃料に軽油を使用します。

ガソリンスタンドに行くとレギュラーガソリン、ハイオク、軽油の価格が表示されていることが多いですが、この3種類のガソリンの中でも軽油が一番安いことがほとんどでしょう。

維持費の中でも特にお金がかかるのが燃料費なので、燃料を軽油にすることによって大きなランニングコスト軽減につながります。

しかも運転の仕方にもよりますがディーゼルエンジンは燃費に優れる車が多いので低燃費ですし、低燃費でしかも燃料代も安いということはディーゼル車はガソリン車と同じ燃料費でもより遠くに移動することが可能になるのです!

このガソリン代が安いというのはディーゼル車最大のメリットといってもいいかもしれません。

avatar

みっこー

この点はクリーンディーゼルの最大の強みだよね。燃料費は安いのに、燃費も良いからどこへでも行けるのはいいね!ロングドライブには最適!

低速トルクが太いので走り出しがスムーズ

「ディーゼル 車」の画像検索結果

軽油はレギュラーガソリンよりも燃やした時の発熱量が多いです。

発熱量が多いということはレギュラーガソリンよりも多くのエネルギーを取り出すことができるということ。つまりトルクが大きいのです!

馬力はトルク×エンジン回転数で表記されているのですが、ディーゼルエンジンは低速回転時にトルクが最大になるため低速時の馬力が高くなります。車の発進時にトルクが大きければ、それだけスムーズに発進することができるのでガソリン車よりも低速走行はスムーズになるのです。

雪道や泥道でディーゼル仕様の本格SUVが強いといわれるのはこのディーゼルエンジンが持つ低速時の馬力の高さの威力が発揮されやすいのもあるためですね。タイヤが雪や泥につかまっても低速でパワーがあれば楽にスタックから脱出することができますから。

ディーゼルエンジンは頑丈で壊れにくい!

関連画像

ディーゼルエンジンは先ほども説明しましたが、空気圧縮と燃焼の負荷に耐えるためにガソリン車よりも高い耐久性があります。

ガソリンエンジンよりも耐久性が高い分エンジンは壊れにくいですが、内部にガソリン車よりも負荷のかかる分無理をさせ過ぎると壊れてしまいますが、それでもランドクルーザーではメンテナンスをきちんとしていれば30万キロ~40万キロ以上はエンジンが壊れずに走行することができるといわれているぐらいです。

海外では100万キロ以上走ったとされるランドクルーザーも存在するので、一般的に10万キロ以上でパーツ交換やトラブルが発生するといわれているので30万キロ以上がどれだけ耐久性が高いかお分かりいただけると思います。

もちろん個体差によってエンジンが故障する可能性もあるえるので一概には言えませんが、ディーゼルエンジンの耐久性が高いことで故障やトラブルのリスクを減らすことができる分メリットの一つでしょう。

戦車にも使われるぐらいだからディーゼルエンジンが他のエンジンよりも頑丈なのは間違えないだろうね。

avatar

たまき

スポンサードサーチ

ディーゼルエンジンのデメリット

車両価格が高い

ディーゼル車はメリットであるエンジンの頑丈性を出すためにパーツ一つ一つを頑丈に作らなければなりませんし、自然吸気のNAエンジンではパワーロスが大きいためにターボチャージャーを付けないとパワー的にも燃費的にもディーゼルエンジンのメリットを生かしきれません。

そのためどうしてもディーゼル車はかかるコストが高くなってしまいます。

さらに現在のディーゼルエンジンは環境に配慮するために排ガスをクリーンにするクリーンディーゼルエンジンを採用されています。排ガスをクリーンにするためには専用の浄化システムを採用する必要があるのでその分価格も高くなります。

実際にマツダのデミオでは同じグレードの同じボディーカラーで計算してみた結果はガソリン仕様車とディーゼル仕様車では20~30万円程度の価格の開きがありました。

高回転まで回すことができない

関連画像

ディーゼル車は低回転のトルクに優れていますが、高回転ではトルクが落ちてくるので高回転は苦手になります。ディーゼルエンジンを搭載した車のエンジンの最大回転数はガソリン車と比べると低く設定されている理由です。

これは低速でパワーが出る分、エンジンを高回転させても得られるパワーが頭打ちになりあまり意味がないためです。軽油は燃えにくい油なので燃焼速度が遅くなり、高回転では燃焼が遅れてしまってエネルギー効率が落ちてしまうのです。

avatar

みっこー

現在のディーゼル車は大体レッドゾーンが4000~5000回転ぐらいから、軽自動車や普通車がレッドゾーンが6000~7000回転ぐらいだからディーゼル車のエンジンは回転数が低いのが分かると思います。

それに空気圧縮率を高めてガソリンエンジンよりも内部に負荷がかかるディーゼルエンジンはいくら丈夫に作っているとしてもエンジンを高回転まで回すと負荷が大きくなってしまってエンジンがブローする危険が高くなります。

高回転まで回しても得られるエネルギーが小さく、壊れるリスクが高くなるだけで、さらにエンジンを頑丈にするにはコストがかかるので各社ディーゼルエンジンはあまり高回転まで回らないように作ってあるのです。

騒音・振動が強くうるさい

関連画像

ディーゼル車で嫌われるのがこの騒音と振動の問題です。

現在では改善されつつある問題ですが、それでも普通のガソリン車などに比べると音は大きく振動もあるようなので、騒音と振動を軽減するためにコストもかかります。

ガソリン車よりも空気圧縮率が高いため燃焼した時の振動が伝わってしまうのですね。。。

プリウスのようなハイブリットカーは低速走行ではモーターのみで走行するのでほぼ音がしません。静穏性や乗り心地を重視したいのならば、ハイブリットカーに軍配が上がるでしょうし、ハイブリットカーもとても燃費がいい車が現在では多く販売されています。

それでもハイブリットカーに比べるとエンジンを高回転に回したときの燃費やパワーにはディーゼルエンジンの方がアドバンテージがあるので高速走行を多くしたり、ハイブリットカーの運転の感覚が好みではない人にはいい選択肢になるでしょう。

こまめにメンテナンスが必要

「ディーゼル DPF アドブルー」の画像検索結果

最近のディーゼルエンジンは環境にクリーンにするために燃焼した際のカーボンをフィルターで除去しています。

軽油を燃やした後に出る排ガスにはいろんな化学物質が含まれていて、その中でもPMは大気汚染で話題沸騰中の化学物質です。

このPMの主成分は炭素なので熱を加える燃やすことが可能ですのでPMをフィルターでカットして、ある程度フィルターにPMがたまるとDPF再生といってフィルターに熱を加えてフィルターを浄化させる必要があります。

しかしこのDPF再生は30分以上運転していないとフィルターが浄化されません。数分の運転ではフィルターが浄化されないのである程度ロングドライブをする必要が出てくるのです。

さらにアドブルー(Adblue)という高品位尿素水を使用して排ガスから出る窒素酸化物(NOx)を浄化する(尿素SCRシステム)を採用している車も存在します。

この尿素、、、つまりはアンモニアを利用することで窒素酸化物を水と窒素に分解することで綺麗な排ガスにすることができますが、このアドブルーは燃料と同じように消費されて約1000㎞/hごとに1Lほど消費されるといわれているので、定期的な補充が必要になります。

ガソリン車ではなかったようなメンテナンスがある分少し面倒かもね、、、フィルターとかは浄化しなかったら運転性能に影響を及ぼすらしいし、こまめなメンテナンスが必要になるね。

avatar

たまき

このようにガソリン車ではあまり意識しないようなメンテナンスが多数必要になってくるので、燃料費は安くなるかもしれませんが、その分メンテナンス費がガソリン車よりもかかったり、こまめなメンテナンスに気を配る必要が出てきます。

スポンサードサーチ

なぜディーゼル車は人気が高いのか?

「ディーゼル車 人気」の画像検索結果

やはり近年のディーゼル車の人気は燃費の良さと燃料費の安さが一番の理由でしょう。

ガソリンスタンドの価格表記では軽油が車用のガソリンの中で一番安いですし、クリーンディーゼルエンジンは20~30㎞/hという驚異の低燃費を実現しているのでガンガン遠くに走っていくことができます。

確かにこれなら車両価格が幾分高くてもディーゼル仕様車を買うのに納得することができますよね。

エコカー減税も適用されるので特に新車で買うとしたらハイブリットカーと双璧を成すくらい魅力的です。

そのため「ディーゼル車買えばランニングコストを安く抑えることができる!」こう考えて購入することが多いのだと思います。

ですが、いくら燃料費などのランニングコストがかからないからといってメンテナンスを怠ると結局は修理やパーツ交換をしなければならずお金がかかります。かといってメンテナンスは簡単にできるかというとそうでもなく、ディーゼル車ならではのメンテナンスもしなければならず、手間がかかることもあるでしょう。

avatar

みっこー

結局機械である以上完全なメンテナンスフリーは存在しないから、ある程度メンテナンスにはお金がかかってしまう。燃料費が安くてもメンテナンス費はガソリン車よりも高くかかる場合もあるだろうね。

「ディーゼル車はお金がかからないと思って購入したら実はメンテナンスに結構お金がかかってしまった」なんてことにならないようにしっかりと自分の生活に合った車を選びたいですね。

-マツダ,

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.