スポンサードリンク

何故プリウスはコンビニに突っ込みやすいのか?プリウスアタックの原因は何?

更新日:

トヨタ・プリウスはハイブリットカーの先駆け的な存在の車で、とても売れている大衆車の中の一台ですよね。

なので道路ではたくさんのプリウスを見かけることができると思いますが、そんなとてもよく売れているプリウスなのですがとても不名誉なあだ名が付けられています。

(プリウスミサイル)(コンビニキラー)なんて呼ばれることもあるんですよ。

聞いたことあるよね。でも実際に事故起こしてる車でプリウスだったことは多くないよね。

avatar

たまき

この異名の正体はよくコンビニに突っ込んでいる車にはプリウスが多いからということらしいですが、実際にプリウスだけが建物に突っ込むわけではないし、事故を起こしている車も圧倒的にプリウスが多いというわけではないですよね。

でも何故こんなにもプリウスはコンビニに突っ込むイメージが強いのでしょうか?

スポンサードサーチ

本当にプリウスはコンビニに突っ込みやすいのか?

コンビニに突っ込む車の代名詞と揶揄されているトヨタ・プリウスですが本当にプリウスが危険な車なのでしょうか?

コンビニに突っ込むといっても車にも多くの種類が存在するため一概にプリウスだけが突っ込むはずではないはずです!

関連画像

関連画像

「コンビニ 車 事故」の画像検索結果

ネットで出回っているコンビニに突っ込んだ車達ですが、プリウスだけではないですね。明らかにトヨタ以外のホンダ車や日産車がコンビニに刺さっています。

昔から高齢者によるAT車の操作ミス。。。いわゆるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故は起こっていたので、1997年から販売されたトヨタ・プリウスだけが特別にお店に突っ込むわけではないようです。

原因はいろいろあるようですが、「トイレに行きたくて焦っていた」、「ブレーキとアクセルを間違えた」とよくあるものが多いのでまことしやかにささやかれるプリウスが発する電磁波の影響を強く受けているとも考えづらい、、、

プリウスだけが事故を起こしやすいという訳ではないようですね。

スポンサードサーチ

プリウスがコンビニに突っ込みやすい原因を推測

推測その1 プリウスのギアが他のAT車のモノと比べてわかりずらい

関連画像

引用 togetter.com

よくMT車を長年運転してきたお年寄りの人が車を買い替えてAT車にしたが、クラッチ操作が必要なくやクリープ現象で前に進むのを分からずに事故を起こす場合がありますよね。

ただでさえAT車でも事故が起きやすいのにプリウスをはじめとするいくつかの自動車には画像のような一般的ではないシフトレバーが装備されています。

レバーを下げるとエンジンブレーキが利くBレンジ、右側だけに動かすとNレンジ、右上だとバックギアのRレンジ、右下だとドライブギアのDレンジに入れることができます。

「シフトレバー 」の画像検索結果

普通のAT車ではゲート式やストレート式などはありますが基本は上からP、R、N、D、3、2、Lなどのようになっているのでプリウスのシフトレバーは普通のAT車とは明らかに異なるのは見て取れるでしょう。

さらにMT車では基本的にバックギアのRレンジのポジションは右下の場合が多いので、今までMT車に乗ってきた人がそのままの感覚でプリウスのシフトレバーを右下に入れるとどうなるでしょう?

バックのRレンジに入れたつもりがプリウスのシフトレバーの右下はDレンジになっているので、コンビニに頭から駐車しているとそのままお店の中に突っ込んでしまいます。

プリウスの採用しているシフトレバーが少し特殊なので原因の一つかもしれません。

avatar

みっこー

結構紛らわしいシフトレバーだと思うよね。今までのMT車乗っている感覚で乗ると操作をミスる可能性は十分あると思うよ。

推測その2 サイドブレーキが踏み込み式でクラッチと間違える

関連画像

AT車を運転している人でもPレンジだけで駐車している人もいますが、基本はサイドブレーキも掛ける必要があります。

昔は運転席の横側に配置されたレバーを引くことでサイドブレーキを掛ける車が多くありましたが、近年ではサイドブレーキを足元の左上の部分に配置していることがあります。

プリウスもこの踏み込み式サイドブレーキを採用していて、MT車に慣れた高齢者がクラッチと間違えてサイドブレーキを解除してしまう可能性があります。

クラッチとも違えることってあるの?踏み込み式は高さとか違うと思うけれど、、、

avatar

たまき

avatar

みっこー

間違えにくいとは思うけれど、クラッチペダルと同じ位置にあるから操作ミスはする可能性はゼロではないと思うんだよ。

一応対策としてクラッチとは違う高さや位置になっているもののサイドブレーキだと気づかずにクラッチだと思って操作してしまう可能性もあるでしょう。

MT車ではPレンジが存在しないのでサイドブレーキを引いて止める必要があり、レバー式のサイドブレーキが主流なのでMT車に慣れた人ではサイドブレーキと言ったらレバー式が当たり前!左足の位置のペダルと言ったらクラッチペダルなのです!

なのでクラッチと間違えて踏み込み式のサイドブレーキを解除してアクセルを踏んで前進してしまったがために焦って操作を間違える可能性も十分あり得ると思います。

クラッチとは感覚が違うのでこれが原因になるとは考えづらい気もしますが、MT車で慣れたお年寄りには紛らわしい装備なのは間違えないでしょう。

原因その3 ハイブリットカーの中でもプリウスはよく売れていて生産数が多いから

プリウスは近年でも大ヒットを飛ばした大衆車としても有名ですよね。そんなプリウスなのだから生産数が多いのは当たり前です。乗りやすく使いやすい車は多くの人が利用するので必然的に事故に合う可能性が高くなります。

このグラフはプリウス、アクア、フィットの2015年12月~2018年2月までの累計販売台数を示したグラフですが、同じハイブリットカーのカテゴリーに入るフィットとアクアよりも明らかにプリウスの方が販売台数が高いです。

同じトヨタのアクアも販売台数がホンダのフィットよりも多いことから、トヨタのブランド力の強さが感じられますね。

性能の高さや耐久性、燃費性能、ブランド力も高いトヨタのハイブリットカーであるプリウスが最も売れているのですね。

このように大量にプリウスが生産され、その車に乗ると必然的に事故率も高くなり、事故現場でプリウスの亡骸を見る機会が増えるという訳です。多くの人が乗るということはそれだけ運転があまり得意な人でない人も乗るので、仕方がないことでしょう。

スポンサードサーチ

結局プリウスだけがコンビニに突っ込んでいるわけではない!

関連画像

プリウスがコンビニに突っ込むといわれる理由を考えてみましたが、

結局はMT車で慣れた人がプリウスに乗ると紛らわしい操作が多く、そのせいで事故を起こす可能性が高く、他のハイブリットカーと比べるとトヨタブランドの力もあって生産数が多いため乗っているオーナーさんが多いからという結論に至りました。

まぁそうですよね。プリウスだけが特別事故率が高いわけでもないですし、本当に危険な車だったら販売されることはないでしょう。特に現在は安全性の基準が上がっているのであらゆる安全性が考慮されています。

avatar

みっこー

実際に任意保険のシュミレーションをやってみたけれどプリウスの保険料は他の車と大差はない程度だったよ。事故率自体はそこまで高くはないね。

今だったら誤発信抑制システムやレーダーブレーキサポートがある分、駐車しているところから発進するときのブレーキとアクセルの踏み間違えなどを防止してくれるので、このような事故は少なくなるのではないでしょうか?

事故率はそこまで高くないのですがプリウスは安定した人気がある車なので盗難に遭うリスクの方が怖いかもしれませんね。

中古車市場にあるプリウスは多く個体が生産されて、4代目にフルモデルチェンジされているので価格が安くなっています。そのせいでプリウスに乗る人も増えてきているのかもしれません。まぁどんな車にしても事故には注意したいところですね。

-

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.