スポンサードリンク

事故が起きやすい雪道運転で注意することは?コツを掴んで安全な雪道走行をしよう!

更新日:

雪道コワイ!事故防止のために知っておきたい雪道運転のコツと注意点

冬の雪道走行が初めての方は雪道走行が結構怖いという人もいらっしゃるのではないでしょうか?雪道は雨が降った道路よりも滑りやすく場所によっては凸凹とした道があるため非常に走行が安定しません。

ですが、北海道や東北に住むことになったり、急用で冬に行くことになったら絶対に避けることはできないでしょう。

avatar

みっこー

雪道は慣れていれば問題はないけれど、初めての人はどんな感じなのか分からないから結構怖いと思うよ。

雪道を走るのになんかコツとかないのかな?コツを分かっていれば気を付けて走ることができるのだけれど、、、

avatar

たまき

もちろん雪道を走行するためのコツはあります!そのコツを覚えておけばもしもの時にきっと役に立つはず。

今回は雪道を走る上で安心して走ることやテクニックをご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

駆動方式を確認!有利な駆動方式と不利な不動方式は?

「駆動方式」の画像検索結果

車には複数の駆動方式が存在しています。日本では主だった駆動方式では4WD、FF、FRで中には少し特殊なスーパーカーなどで使われるMRやポルシェ911などに採用されているRR方式がありますが、この駆動方式によって雪道走行での優位性が全く違ってくるんです。

駆動方式でそんなに違うの?4WD以外はすべて2WD、つまり二輪駆動ってところで同じじゃないの?

avatar

たまき

avatar

みっこー

駆動方式によって全く違うよ!総合的に言って4WDが最強だと思うけれど、他の二輪駆動の方式でもかなり違いが出るんだよ。

雪道を走行するときに一番優位なのは4WDです。

4WDは四輪すべてが駆動する方式で、2WDの他の駆動方式に比べると駆動していないタイヤを駆動しているタイヤで引っ張って走る必要がないので圧倒的に走破性能が高いです。発進時もホイールスピンもしにくく、滑った時も4輪全てが駆動しているので、2WDよりコントロールしやすく安定した走行ができます。

 

その他でもFF車とRR車は2WDであるのですが、比較的雪道走行が有利な駆動方式になっています。

FF車とRR車は駆動する車輪の上にエンジンが乗っているのでエンジンの重さでタイヤが地面に押し付けられているので、タイヤが地面に伝える力(トラクション)が伝わりやすいので2WDの中では雪道に向いている方でしょう。

ですが4WDよりも発進時に弱く、ホイールスピンやスタックしやすいといえますね。ちょっとしたキツイ傾斜が付いた場所などで信号待ちや一時停止しなければならないときはスムースに発進できないこともあるので道を選ぶこともあるかと思います。少しは苦労することもあるかもしれませんが、雪道では比較的に操作しやすい駆動方式です。

 

では逆に雪道で特に注意するべき駆動方式はFR車とMR車でしょう。

FR車はフロントにエンジンがあってリアホイールが駆動する構造上トラクションが地面に伝わりにくく、FF車やRR車に比べるとホイールスピンやスタックのリスクが高いです。

少し雪が多く降った時は柔らかい雪がさらに伝わりにくいトラクションを遮断してしまうので雪藪からの脱出が難しくなりますし、坂道では登りきることができない場所も多くなります。

応急措置としてリアトランクやハッチバックに砂を入れた土嚢や重いタイヤを入れておくことで重量を上げてトラクションを伝わりやすくすることができます。

 

MR車はエンジンが車の中央に配置された駆動方式なので普通の道路で走る分では、最高クラスの運動性能を発揮することができますが、雪道ではMR車のネガティブな部分に拍車を掛けてしまいます!それはスピンしやすい事です。

MR車は性質上スピンしやすいので、スピードが出ている状態で急ハンドルなどを行うとスピンする確率が高くなります。4WDでも無理をするとスピンしてしまうので、元からスピンしやすいMR車はさらに注意するべきでしょう。

avatar

みっこー

雪道では4WD>FF、RR>FR、MRの順で走行しやすい駆動方式ってことになるね。

スポンサードサーチ

雪道に有利な車のボディー形状はどれ?

関連画像

雪道を走行するうえで車のボディー形状によっても適性があり、ボディーの形状でも大きく雪道走行の運転が異なります。雪道走行に有利なのはRV車やSUV車のようなオフロード走行に向いた車です。

タイヤが太く、大きく、地面から車のフロアまでの最低地上高が高い車であるほどスタックする危険が少なく、雪深い道でも走行しやすいです。ただ雪深い場所は道路が狭くなってしまうのでそこをパジェロやランドクルーザーのような大型のSUV車だと対向車とすれ違うことが困難になることもあるので注意ですね。

 

逆にタイヤやホイールが小さい車や最低地上高が低い車は雪道走行にはあまり適していないことになりますね。ですがタイヤやホイールが小さい軽自動やコンパクトカーでも街中を走行する分ではそこまで問題はありません。

ですが車高が低い車は雪道では腹を擦りながら走行することもあり、場所によっては轍に乗り上げてしまうこともあるので車高が低い車は特に注意したいところですよね。

ホイールが地面から浮いてしまうと脱出することが難しくなってしまうので、走行する場所を選ぶ必要があります。

車高が低くて、FRレイアウトだとスポーツカーとかに多いから、特にスポーツカーを運転する人は注意が必要だね。

avatar

たまき

スポンサードサーチ

車に乗る前にすること

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを履く

「スタッドレスタイヤ」の画像検索結果

冬道で運転する前準備として一番初めにやることといえばスタッドレスタイヤへ交換することです。

スタッドレスタイヤは氷点下でも硬くなりにくい特殊なゴムを使用していて、雪道の凸凹でも安定して走行できるように弾力性と氷の上で走っても滑りにくいように摩擦性が高めてあります。

スタッドレスタイヤへの交換は冬道走行ではマストアイテムです。駆動輪だけに装着する人もいると思いますが、それではいざという時にブレーキを踏んでも止まってくれんせん!安全のためには4輪すべてにスタッドレスタイヤを装着することが一番効果的です。

またスタッドレスタイヤにタイヤチェーンをさらに履かせることによって冬道走行を安全に走行することができます。主にタイヤチェーンは金属製とゴム製のものがあって金属製のものは耐久性、ゴム製のものは乗り心地や収納性、装着性にアドバンテージがあります。

普通に使う分ではゴム製の方が安心して使うことができますね。金属製は雪が解けてアスファルトが出ている場所では音と乗り心地が悪化するのでこまめな脱着が必要になります。

路面状況や気象を確認する

「道路状況」の画像検索結果

雪道では刻一刻と路面状況が変化します。走行する時間や気温、車の交通量や風通しのいい場所かどうかなど様々な状況が路面状況に影響しています。

単に道路に雪が積もった状況ならさほど問題はありませんが、前日に雨などが降って路面がぬれた状態で気温が下がってアイスバーンになることがあるので、車を運転する前に道路の状況を確認することで深重な運転を心掛けることができます。

アイスバーンは特に夜に運転している時には道路が濡れているように見えることでアイスバーンだと分からずにスピードを出して走行してしまうのでとても危険なのです。外の水溜まりが凍っていたり、雪が降っていたりしているのなら警戒するべきでしょう。

さらに吹雪が吹いているような場所ではホワイトアウトといって周りが吹雪で白一色になるときがあります。この状態ではへたをすると車前方の3メートル先もまともに見ることができないようなひどい天気の時は運転することを控えた方がいいです。

もしも運転しているときにホワイトアウトに遭遇してしまったら、ハザードランプを付けて、すぐに止まれる大体20㎞/h以下の速度で走行することをお勧めします。

車に積もった雪を落とす

「車 雪」の画像検索結果

車に積もった雪は走行前に車から落としましょう。

車に積もった雪をそのまま運転するとフロントガラスに運転している最中に落ちてきて視界を塞いで危険です。雪は必ず車から落としましょう!

車に雪が乗っている状態で走行するのは危険ですが、もっと危険なのがガラスについた氷を取らずに運転することです。車に水滴が着いていたらその水滴が凍ってガラスにへばり付きます。このガラスについた水滴は吹きおろし用のブラシなどを使っても簡単には落とすことができず、アイスクレーパーなどで除去することできます。

avatar

みっこー

個人的にはアイスクレーパーもおススメしないよ。アイスクレーパーを使えばガラスに傷が付く可能性があるからね!

すぐに氷を溶かしたいのなら解消スプレーがおススメだね!少し時間がかかるけれども車のエアコンをデフロスターに設定することでも溶かすことができるよ!

avatar

たまき

お湯を使うことも考えるかもしれませんがお湯を使うと冷たいガラスにお湯をかけることになるのでガラスが割れてしまうリスクが在りますので絶対にしないようにしましょう。

スポンサードサーチ

雪道の上を走行するときに気を付けること

轍を走行する

「車 轍」の画像検索結果

轍(わだち)とは自動車が通った後に残るタイヤの跡のことです。雪が深い場所ではこの轍を利用することで雪深い道を走行することが簡単になります。

ただし車が通っている場所でこの轍ができているということは轍の部分がタイヤの摩擦などで溶けて滑りやすい状況になっているともいえるので、スピードを出してハンドルを取られる可能性もあるので注意が必要です。

もしも坂道などでホイールスピンさせてしまうようなことがあったら逆に轍を抜けて雪が積もっている場所を走行することでタイヤを滑らせずに走行することも可能です!

車間距離を大きく取ること

「車 車間距離」の画像検索結果

雪道はブレーキをかけてもなかなか止まってくれません!スピードを高い場合はなおさらでさらにスリップの危険が伴います。スピードはあまり出さないようにして、止まる場合は車間をいつもよりも大きく取りましょう。

さらに言うと他の車も同じような条件下で走行していますので、自分の車が滑りにくいからといって他の人の車が滑らないという保証はありません。前方を走っている車がスリップしてしまったときなど十分安全に止まるためにも車間距離は多めにとって走行しましょう。

車線変更は控えめにする

「車 車線変更」の画像検索結果

先ほど轍(わだち)について説明しましたが、雪深い場所ほど轍が深く跡が付いています。そんな時に車線変更するのはものすごく危険です。

前方を走っている車が遅いからといって車線変更や追い越しをしようとするとあっという間に雪にハンドルを取られてスリップしてしまいます。雪深くないから大丈夫だろうと思っても冬道の車線変更は必要最低限にしましょうね。

急ブレーキや急ハンドルなどは要注意

雪道を走行するときには急が付く操作は要注意です。急ブレーキや急ハンドルはスリップする危険性があり、急アクセルはホイールスピンの危険性が高まります。

AT車ではクリープ現象やギア操作によるエンジンブレーキを使用することで余裕をもって操作するようにしましょう。

坂道では極力止まらないように

ちょっとした坂道でも車や路面状態によって登りきることができないことがあります。そういう時は坂道を止まらないように走行すると登りきることができる場合があります。

一時停止の表示があってやむなく止まるしかない場合を除いてできるだけ止まらないように走行しましょう

スポンサードサーチ

ちょっとしたトラブルへの対処法

発進時のスリップやスタック時

関連画像

雪道で怖いことの一つで信号待ちをしている時などに雪が深くてホイールスピンやスタックをしてしまうことでしょう。信号待ちでなかなか発進できないと焦ってしまいます。焦ってしまうと逆にアクセルを踏んでもっとうまく発進することができなくなってしまうのです。

では車が進んでくれない時にどうしたらいいのか?というとバックギアに入れて少しバックすることでスタックから抜け出すことができる可能性があります。

他にもタイヤの下に何か敷物をすることでもスタックから脱出することもできます。

冷たい風でガラスが凍った時への対処

氷点下の外気温の中走っているとデフロスターで溶けたガラスについている水滴が凍てしまい、前方が見えなくなってしまうことがあります。だたでさえスリップなどの危険が伴う雪上走行なのに前が見えなくなるほど怖いことはないかもしれませんよね。そんな時はウォッシャー液の原液を入れておけば氷点下でも原液は凍ることがないのでいざという時に視界を確保することができるんです。

さらに向い風だと冷たい風が水滴を凍らせてしまうので、寒い日の向かい風にも注意しましょう!

アイスバーンの道を走行するとき注意

「アイスバーン」の画像検索結果

アイスバーンになっている道路を走行するときにも注意が必要になってきます。アイスバーンの道を走行しないのが一番いいのですが、どこで出会うのか分からないのがアイスバーンです。

アイスバーンの上では急ブレーキや急ハンドルは本当に危険ですので要注意です。アイスバーンの上ではブレーキを小刻みに踏むことで徐々に車を停止させるポンピングブレーキがとても有効です。

また車のギアを落としてエンジンブレーキを活用するともっといいでしょう!曲がる場合は十分速度を落としてから出ないと対向車線に滑って衝突する場合があるのできを付けて運転したいところですね。

-

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.