スポンサードリンク

スバル トヨタ

MR-2に復活の予兆!!かつてのミッドシップマシンは復活するのか?

更新日:

「トヨタ mR-2 新型」の画像検索結果

引用 朝日新聞デジタル

トヨタのMR-2は1984~1990年の間に生産販売され、後継車ではMR-2という名前ではないですが、MR-Sという名の2シーターのミッドシップレイアウトを採用したスポーツカーが販売されていました。

ミッドシップエンジンはフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカークラスの車に採用されることが多く、現在では国産車ではNSXやS660などの一部の車種にしか採用されていない珍しいレイアウトです。

avatar

みっこー

MRレイアウトはF1マシンとかに採用されるレース向きな駆動方式だね。現在ではFFや4WDが多いからあまり採用されない駆動方式です。

スポーツカー需要の低下によってMR-Sも生産が終了してからは後継車種は作られることがなくトヨタからはミッドシップレイアウトを採用した車は販売されていません。そんなMR-2ですが復活の兆しがあるようなのです!

スポンサードサーチ

トヨタ・MR-2(MR-S)とは?

「トヨタ mR-2」の画像検索結果

トヨタMR-2とはトヨタが1984~1999年の間に生産した2シータースポーツクーペタイプのスポ―ツカーです。

ミッドシップレイアウトが採用され、これは日本で初めて量産車としてミッドシップエンジンを搭載した車でした。当時のスーパーカーブームに乗っかり手頃な価格でもスーパーカーと同じような乗り味が楽しめて運転が楽しい車として人気がありました。

後継車には1999~2007年までトヨタ・MR-Sが登場し同じ楽しさを追及するライトウェイトスポーツカーとしての姿勢を取りながら、クーペデザインから2シーターのオープンカーになり、トランクを廃止したりして前後重量配分の効率化を図っていましたが、

その後MRを冠したスポーツカーはトヨタから販売されることがなく、後継車種は現在に至るまで販売されていません。

90年代以前のスポーツカーとしての特徴であるリトラクタブルヘッドライトも採用されていてザ。スポーツカーって感じだね♪

avatar

たまき

スポンサードサーチ

復活するかもしれないMR-2のデザインとスペックは?

昨今のスポーツカーブーム再燃で各社のスポーツカーが復活の兆しを見せている中でトヨタではトヨタ・86トヨタ・スープラが復活しました。

それぞれコストダウンを図りつつの生産であるためトヨタ・86はスバル・BRZと共同開発によって生まれているし、トヨタ・スープラはBMW・Z4との共同開発によって生まれています。

トヨタの新型スポーツカーはどれも共同開発で生産されているからMR-2が復活するなら多分、共同開発で生産されると思うよね。

avatar

たまき

残念ながら公式にMR-2が復活するという話はまだですが、トヨタはコストを抑えながらかつての名車と呼ばれるスポーツカーを復活させてきているのでMR-2にも共同開発での復活の可能性は十分あると考えていいでしょうね。

現在出回っているMR-2のデザインはトヨタ・86をベースに少し横にワイドにさせたようなデザインがイメージ画像とされています。

フロントグリルやフォグランプ、周りには前期型の86をイメージさせるようなデザインが採用されていて、トヨタのスポーツカーらしさをイメージさせていますね。

ヘッドライト周りは何となく新型のプリウス前期型をイメージさせるようなデザイン。プリウスのデザインはトヨタの尖ったデザインを採用されているので人によっては評判が悪いです。

イメージ画像なのでどのように変わっていくか分からないのですが、86のように比較的落ち着いた印象になってくれる方がデザイン的な評価は上がるかもしれんせんね。。。

avatar

みっこー

最近のトヨタのデザインは少しやりすぎな感じがあるから変な尖ったデザインをおとなしくしたら評価が少し上がると思うんだけれど、、、

エンジンのスペックに関しては現在86が2リッターの水平対向4気筒NAエンジン、スープラが2.0Lの直列4気筒ターボエンジンと3.0L直列6気筒ターボエンジンが採用されているので、

MR-2では低重心と重量配分にアドバンテージがある2.0~2.5L水平対向6気筒エンジン+ハイブリッドが搭載されるのではないか?と予想します。

86以上スープラ未満のスペックになると思うのであくまでも予想ですが、ミッドシップレイアウトを生かすためにも86で搭載されたスバル製の水平対向エンジンが搭載されるかもしれませんね。

スポンサードサーチ

MR-2はまたもやスバルとの共同開発になるのか?

エンジンが水平対向エンジンになるかもしれないと予測する理由の一つはスバルがスバル初の4WD+MRレイアウトを採用した車の開発が噂されているからです。

トヨタ・86とスバル・BRZでのお互いの技術の高さを認め合い、二つの会社の技術が組み合わさった86とBRZの兄弟車は現在でも高い人気と評価を得ています。そんな中トヨタはMR-2復活の噂がされ、スバルからは初の4WDミッドシップ採用車が噂されているのは偶然ではないでしょう。

スバルのMR駆動レイアウト採用車のイメージ画像ですが、ヘッドライト周りのデザインがトヨタのMR-2のイメージ画像と非常によく似ていると感じますね。少し横長の釣り目型で下方向にシャープにアイラインが入っているようなデザインです。

さらに言うとグリル周りは86の兄弟車であるBRZの前期型にそっくりですね。MR-2では86とグリルデザインが似ていたのを考えるとやはりトヨタのMR-2とスバルのMR車は共同開発によって生まれる可能性が高いと思います。

現在日本車ではホンダのNSX、S660 ぐらいしかないので2台のミッドシップ採用車が販売されるとさらにMR車を乗りたい人の選択肢が増えてとてもいいですね!NSXは高すぎるし、S660は軽自動車で小さいから嫌だ!という人にはドンピシャな選択肢になるのではないでしょうか?

2台のMR車の復活に期待したいですね!

-スバル, トヨタ

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.