スポンサードリンク

エアガン

KSC ソードカトラスをレビュー!ブラックラグーンで活躍したレヴィの愛銃

投稿日:

スポンサードサーチ

ソードカトラスを購入!!その経緯は、、、

今回紹介するのは以前購入したKSCのベレッタM9のバリエーションであるソードカトラスのレビューです。

前にフラりと立ち寄った中古ショップで何気なくガンコーナーを覗いていたら、

「なんかやたらと目立つシルバーのエアガンがあるな、、、、うん?は、はい!!ソードカトラスじゃん!!」

となってテンションが上がっていましたね。絶対他のお客さんが見ていたらラリっている奴がいるなと思ったでしょうね、、、

ですが最初買うつもりはありませんでした。だってソードカトラスはプレミア価格が付いて大体一丁3~4万円はするほどの価格が相場みたいです。中古といっても状態は悪くなさそうだし、、、実際に値札にも4万5千円と書いていました、、、

avatar

みっこー

カトラスは本当に高い!1丁4万円越えって普通に新品の電動ガンが買えちゃうんだもん、、、

「やっぱり高いよなぁ、、、買えないよ、、、」と思っていたのですが、、、但し書きがさらに書いていてそのには「この商品は2丁セット販売になります。ばら売りには対応しません」とこんな風に書いてありました。

「え?ちょっと待て、、、2丁セットで4万5千円だと、、、あっこれ買いますわ!」となりまして2丁で4万5千円で購入した次第です。

スポンサードサーチ

購入したソードカトラス2丁はどんな感じ?

ということで購入したソードカトラス2丁です。

KSCのベレッタM9 ソードカトラスは全長は255mm、重量は845g、装弾数は24発になります。

ブラックラグーンの主人公であるレビィの愛銃であるものをKSCがモデルアップしたものになります。付属品もそろっていて、ちゃんと箱もついていたので説明書や外箱もちゃんとついてきました。

ヘビーウェイト樹脂製のスライドではないので重量も軽く850gぐらいで大きさの割にすごく軽い感じです。そのせいか分からないのですが、

清掃するために分解したときにはなぜかグリップの中に謎の油粘土が詰まっていました。

他のブログの時に乗せた時の画像です。こんな感じの緑色の粘土が詰まっていたんですよ。若干油が劣化したような臭いもしていたので分解清掃して正解でした!皆さんも中古品を購入したら真っ先に清掃した方がいいですよ!

うわぁ~ これはちょっと、、、中古品とはいえあまりいい気持ちがしないね、、、

avatar

たまき

avatar

みっこー

古い油みたいな臭いがしてたんだよ。グリスが劣化しているのかなと思ってたけれど、これとはね、、、

あまり保管状態とは言えませんでしたが、2丁とも軽くバラしてみてもパーツの腐食やメッキの剥がれやあからさまな劣化などはまず見られないで結構いい状態ではないでしょうか?

とりあえずグリップというビックリ箱を処理したらあとは問題はなかったということです。

粘土を詰めて重量アップさせようとしたのかもしれませんがあまりいいカスタマイズとは言えなかったので粘土はきれいに除去しました。

スポンサードサーチ

ソードカトラスの特徴やデザイン

全体的にステンレスメッキがされていますが、マルイのM9ステンレスのようなギラ付いた印象はなく、結構落ち着い質感だと感じますね。

持ってみた感じもやはりあまり重さは感じません。実際のⅯ9よりもロングスライドだったりする分重いはずなのですが、重さはあまり再現されていないのだと思います。

ソードカトラスの特徴の一つはやはりこのロングスライドでしょう。通常のM9よりもロングなスライドは通常のⅯ9を横に並べるとその大きさがよくわかります。シルバーの目立つメッキも相まって存在感が抜群にあります。

左サイドのスライドには薄いですが打刻がされていて「9mm SWORD CUTLASS」の文字が再現、右側には「MOD 92F」の刻印に続いてドクロマークに曲刀のカトラスが2本持っているジョリーロジャーとタイの文字で「特別なデザインで生産されている」と書いています。

少し刻印は薄いような気もしますが、雰囲気が伝わってきて非常にいい感じです。

もう1つの大きな特徴は専用の象牙風のグリップですね。KSCのグリップはもちろん象牙ではないですが、チェッカリングなどは一切入っていないスムースタイプで中央にはカトラスを持ったジョリーロジャーが装着されています。

ドクロのメッキの質感はあまりいいとは言えませんが、変にピカピカなドクロが付いているよりも、少し質が悪そうな方が原作に忠実な気がするので個人的にはあまりここは安っぽいと感じることはありませんでしたよ。

ホールドオープン時は画像のようにフレームの先端とスライドの先端がほぼ同じぐらいの位置で止まります。ノーマルのM9ではもっと奥に先端部分が来るのでスライドが大きいことを改めて認識できます。アウターバレルやスプリングガイドも長いのでまるでハードボーラーのような迫力がありますね。

フロントサイト、リアサイトには赤いドットが入っていてサイティングしやすくなっています。白いターゲットなどを狙うと本体色のシルバーと重なって見にくいので赤いドットが入っていると見やすいです。

手前がピンボケしてしまっていますが、サイトを覗くとこんな感じで、赤いドットがいい仕事をしてくれています。スライドが長いので少しだけフロントサイトが遠い感覚でベレッタとしては新鮮な感じです。

スポンサードサーチ

ノーマルM9とソードカトラスを比較

比較するとソードカトラスの大きさがわかりますね。ノーマルのM9(若干のカスタム有)はマルイ製のM9ピストルを比較に持ってきました。フレームは同じ大きなですがやはりスライドが大柄なので大型の拳銃に見えますね。

印象的なスライドを比べてみるとスライドだけでなくアウターバレルも延長されているので結構大きく見えるのですね!ですが持ってみた感じはマルイのⅯ9の方が重いので、やっぱりもう少し重量が欲しかったなぁ、、、

前のオーナーの気持ちが凄くよくわかります。だからって粘土で重量アップしなくても、、、

スポンサードサーチ

中古のソードカトラスのダメージ具合

一丁目のダメージ具合は主にこの2か所スライドの右横と先端の下側に若干のへこみがありましたが、そこまで目立つようなへこみではありませんし、ここから色が剥げているようでもないので状態は悪くはありません。新品の状態が100%の状態なら80%の状態ではないでしょうか?

二丁目のカトラスにも気になる点は2か所でした。一か所目はセフティーの操作によって着いたと思われる傷です。そこまで酷い傷ではないし、がっちり傷ついているというより薄っすらと付いた擦れ傷程度なのですが、光が当たると他のシルバーとの光の反射具合が違うので擦れていうのが目立ってしまいます。

2か所目はグリップ側面のドクロマークの横にあるへこみです。ここもツルツルのグリップなので光の加減では凹んでいることが分かってしまうぐらいのへこみが確認できました。

2丁ともに中古品なのですこしはダメージがあるのは仕方がありませんが、2丁で4万5千円。しかも傷は軽微だとすると非常にいい買い物だったとおもいます。(4万5千円は安くはないですが、普通なら1丁ぐらいしか買えない値段だからね、)

目立つ傷はそんなにない感じだね。

avatar

たまき

avatar

みっこー

十分に綺麗なレベルだと感じるかな。メッキもしっかりしてるし、ちゃんと作動するし問題なし!

スポンサードサーチ

実射した感じは?

KSCのブローバックシステムの「システム7」が採用されているので、快調にブローバックします。反動はスライドの材質がヘビィーウェイト樹脂ではないので、強力なキックがくる感じではないですが、そこそこのリコイルと素早い連射速度があると感じました。

弾速計がないので初速は図ることができませんでした。

スポンサードサーチ

ソードカトラスを所有してみての感想は!

正直前々から欲しかったソードカトラスですが、WE-techのフルメタルソードカトラスは法律的にアウトだし、グリップの雰囲気がコピー品だなぁと感じさせる残念な作り方なのでKSC純正のソードカトラスを欲しかったのですが、ネックははやはり値段でしたね。

プレミア価格で1丁4万円ぐらいが相場らしく、なかなか手が出せませんでした。

しかもソードカトラスは劇中では2丁拳銃で使われているので2丁だったら8万円と次世代電動ガンが2丁新品で買えてしまうぐらいの価格です。これじゃなかなか買えないですよね、、、

でも今回は2丁で4万5千円で手に入れることができたのですごくラッキーでした。

avatar

みっこー

多分あの時買わなかったらすぐに他の人に取られていたと思う、、、それだけ安かった!

あまり作動はさせてはいないのですが、雰囲気だけでも十分買う価値があるのではないでしょうか?

「ブラックラグーンってなんだよ?知らない!」っていう人から見ると何買ってんのって思うかもしれませんが、ブラックラグーン知っている人からすればこれは最高クラスのファンアイテムではないでしょうか。シルバーのメッキの具合も安っぽいギラついたものでもなく質感もエアガンではいいほうだと思います。

-エアガン

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.