スポンサードリンク

エアガン

ガスガンに白錆が発生したらすぐにシリコンオイルでメンテナンスしよう!放っておくとパーツが腐ってしまう。

投稿日:

ガスガンや電動ガンを所有していると大体の人が体験するであろう嫌なことの一つが白錆ではないでしょうか?

白錆が浮かぶとせっかくのエアガンが見るも無残な姿に変わってしまっていて嫌な気持ちになりますよね。せっかく買ったものなのになんか知らないうちに錆が生えているなんて最悪です!

一番は白錆が発生しないようにメンテナンスをするのが一番なんでしょうけれど、そんなにもいつもマメにメンテナンスすることができるのなら誰も白錆なんて発生しません。

というかマメにメンテナンスすればいいだけじゃないの?それで済む話じゃん。

avatar

たまき

avatar

みっこー

まぁそうなんだけれど、オイルを吹き付けたりするからどこでもはできないし、たくさんエアガンを持っていたらメンテするだけでも一苦労だよ、、、

多くのエアガンを持っていてすべての銃にメンテを行き届かなかったり、忙しかったりするとどうしても放置してしまって結果白錆が発生してしまうのですよね。

今回はそんな白錆対策ともしも白錆が発生してしまったらどうするのかを紹介したいと思います。※あくまでも個人的な意見なので参考の一つにしてくれると幸いです。

スポンサードサーチ

何故白錆が発生するのか、、、

主にエアガンに使われている金属パーツには亜鉛ダイカストという金属が使われています。

特にマルイなどのガスガンには亜鉛ダイカストが使用されていて、

この亜鉛ダイカストは湿気に弱く、湿気が多い環境にさらされると腐食して粉を吹いた状態になって、人によってはまるでカビが生えたと表現するようなひどい状態になったりします。

]そして腐食が進むとパーツ自体の強度が落ちてきて、パーツがポッキーになってしまうのです。

さらに言うと汚れが付いているとこれもまた腐食を誘発します。全く触らない亜鉛パーツは腐食しにくいといえますが、頻繁に触ることがあるトリガーやスライドストップレバー、マガジンキャッチレバーなどは汗や汚れで結構腐食しやすい場所だと感じます。

スポンサードサーチ

白錆を予防するにはどうしたらいい?

では白錆を発生させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

亜鉛パーツは湿気に触れるとその個所から腐食が始まるので湿気そのものへの対策が必要です!

エアガンの近くに湿気取り剤を置いて、水場から遠い場所で保管するようにしましょう。まずは湿気から遠ざけることで大きく白錆発生の可能性を下げることができます。いくらエアガンをケアしたって近くが台所だったり洗面所だったりすると錆びる可能性はグーンと高くなってしまいますからね。

このようなタンス用の湿気取りを置いておくと半年ぐらいは効果を発揮しました。半年ごとに換えればいいので費用対効果は高いと思います。

 

次に亜鉛パーツをシリコンオイルでケアしてあげましょう。

シリコンオイルで亜鉛パーツを拭いてあげることでパーツの汚れをふき取りつつ、パーツをオイルで保護することができます。オイルなので湿気と反発してくれるので結果パーツを湿気から守ってくれます。

簡単に言うと湿気から遠ざけて、オイルでパーツをメンテンナンスしよう!ってことですね!

ですが専用のシリコンスプレーは容量が少なくて、しかもお値段が高いというデメリットがあります。

マルイやキャロムショットからエアガン用のシリコンオイルが販売されていますが、多くの銃を整備するには費用が掛かりすぎるので個人的にはAZのシリコンスプレーイエローがお勧めです。

 

AZのシリコンスプレーは240mlと容量が多く、しかも一本辺りが約200円前後と安いので多くのエアガンをメンテナンスしても大きな負担になることがありませんし、使ってみた結果ですが、プスラチックのパーツに対する腐食などもなかったので安心して使っていけると感じました。

avatar

みっこー

個人的には結構おススメ!だけれどスプレーするなら外でマスクをつけないと呼吸しづらくなるので要注意!!

スポンサードサーチ

白錆が発生してしまったらどうする?

ですがどれだけメンテナンスしても白錆が発生してしまうことがあります。

そうするとはっきり言って簡単に修復することは困難ですサビが軽度なら薄く白い点々がある程度なのでピカールなどの金属磨き剤を使うことでサビを消すことができますが、重症の完全に真っ白けの粉を拭いたような状態になったパーツでは簡単に元の状態に戻すことはできません。

もしも重症な状態だったら、取れる行動は2つあります。

パーツごと交換する

1つはパーツごと交換する方法で、マルイさんやKSC、マルシンなどではパーツリストが説明書についているのでパーツを注文してパーツごと交換してパーツをリフレッシュさせる方法です。はっきり言って状態が酷いのなら一番手っ取り早くて確実な方法といえます。

パーツをレストアする

2つ目はパーツをレストアする方法です。パーツが生産されていなかったり、代わりのパーツが簡単に手に入らない場合にはパーツのレストアをする必要があります。

錆びたパーツをサビが無くなるまでヤスリなどで磨き上げてから、金属プライマーで下地塗装した後に好きな色を塗装する方法です。この方法は結構な手間と塗装のための塗料代がかかります。

スポンサードサーチ

結局白錆対策はどうすればいいのか

結局白錆対策にはどうすればいいのかというと、適度なメンテナンスとサビの早期発見早期対処が最大の対策になります。

個人的には最低半年に一回は亜鉛パーツをケアし、湿気対策をとるべきだと思っています。しかりとケアすればサビが浮いてこないのはその通りですが、実際知らない間に錆びていた経験もあるので染め液やスプレーで塗装してサビが浮いてこないようにするのも一つの手でしょうね。

ケアするにしても塗装するにしてもお金と手間がかかるのは間違いないんだね、、、

avatar

たまき

 

クレ工業から金属を保護するシールコートという商品が発売していて、この塗料を吹き付けるとクリア塗装のようにパーツを湿気から保護することもできます。

金属の食いつきも被膜も強いですが、硬化するまで少し時間がかかり、脱脂などが十分でないと爪で擦ると剥げでしまうので注意が必要ですね。

-エアガン

Copyright© ロースピードらいふ!(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.